HST修理の続き

IMG_0669

昨日の続きで、ホンダ小型除雪機のHSTを修理中…。

原因は写真にあるポンプシリンダー(レンコン状の部品)でした。

中央の穴には写真下のシャフトのギア部とかみ合うように溝が切ってあるのですが、

その山がほとんど無くなって平らになっていました。結果、軸が空回りしていた

ようです。約15年くらいは使用されていた機体だそうなので、経年劣化でしょうね…。

 

“HST修理の続き” への 1 件のフィードバック

  1. 文屋 英春 より:

    はじめまして。
    かなり以前のブログにたどり着きメールさせて頂きました。
    DIYで除雪機修理に紛争中です。
    HS660なのですが走行するのですが負荷をかけると動かなくなります。
    HST内部の故障と思うのですが、こちらのブログのような場合ポンプシリンダー単体の部品提供などは可能なのでしょうか?
    譲り受け分解整備、塗装等を終えてからの発覚でなんとか直したいです。
    よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

11 − two =