ホンダHS2011クローラフレームの点検

今日はホンダのHS2011を点検していたところ、クローラフレームの固定ボルトが

一本脱落しているのを見つけました。

img_1185
ホンダに限らずヤンマーを含む一世代前のワドー製の除雪機では結構こういうことがあります。

前側は12mmのボルト2本、後側は10mmのボルト2本で固定されているだけなので華奢といえば

華奢ですね。仮に2本とも折れてしまうと突然片側に機体が傾いてまともに走行できなくなるので

この系統の除雪機を見るときは気を付けています。(現行の機種はかなり足回りは頑丈になっているので安心です)

残っていたもう一本のボルトもダメージを受けている可能性が高いので交換します。

img_1187
やはりかなり曲がっていました。しばらく一本しかない状態で走っていたのでしょうね。

早めに気づけてよかったです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

19 − 7 =