ホンダHSM1590i オーガリセット機能の修理

久しぶりに修理関係の話題を一つ。

よそのお店からホンダのHSM1590iが修理で持ち込まれました。

いくつか不具合はあったのですが、そのうちの一つにオーガのリセット機能が

うまく作動しないという症状がありました。スイッチを押すと設定した位置

(出荷時は水平・接地)に除雪部分が自動的に復帰するという機能です。

警告灯のうち、オレンジの表示灯が連続で点滅もしていました。

このような場合はだいたいオーガの左右の傾き角度を読み取るセンサー周辺があやしいです。


この部分にあります。


こちらはセンサーをブラケットごと外して正面側からみたところ。

矢印部分の切欠きに


上の図の指さしている突起部分を合わせていなければいけません。

今回の場合はここを合わせずに組み立ててしまっていたようです。


センサーの可動部分が大きくずれていましたし、アーム部分もずいぶん変形しています…。

修理としてはセンサーのチェックをして、ゆがんだ部品は念のため交換しておきました。

 

以前修理した人がベルト交換の際にうっかり組み立てミスをしてしまったのでしょうね。

まあ、昔はこんな機能のついた除雪機なんてなかったもんなぁ…。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twelve − 4 =